コオロギ原料の高機能化による代替タンパク質創出

昆虫コオロギの原料価値向上のために、コオロギ由来の機能性ペプチドの量産に関して研究します。採取的には、同ペプチド原料により、グローバルで課題とされる糖尿病や肥満などの生活習慣病の解決を目指します。

ブタのオス産み分け基本技術の開発

現在の養豚産業で肉豚を性選別することは殆どありませんが、肉豚をオスに傾斜産出(オスシフト)することができれば、オスは成長速度が速く、豚舎の回転効率の向上、飼料の低減などのメリットがあります。本事業では、人工授精用精液の処 […]

米糠由来機能性タンパク質合成系の開発

短稈矮性イネを形質転換し、胚芽と糊粉層細胞抽出液を用いたタンパク質合成系を開発すします。更に既存の種子依存プロモーターにより外来遺伝子を種子に発現させます。これらを組み合わせることにより、短稈矮性イネの米糠と胚乳による、 […]